アンソロジーを読んだ――『アステリズムに花束を』『危険なヴィジョン〔完全版〕』『BLAME! THE ANTHOLOGY』『居心地の悪い部屋』『変愛小説集』『どこにもない国』『時間はだれも待ってくれない』 『東欧怪談集』『チェコSF短編小説集』『ゲイ短編小説集』『レズビアン短編小説集』

去年は二〇〇ページ前後の薄い本ばかりを読んでいた覚えのある秋、最近は唐突にアンソロジーばかりを読んでいた。計13冊のアンソロジー。百合SFからレズビアン文学まで、と書くと狭いな。 アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー (ハヤカワ文庫JA)作者: S‐…

「図書新聞」2019年9月7日号にはちこ著『中華オタク用語辞典』の書評が掲載

表題通りの原稿を書きました。おそらく昨日から書店などで入手できると思います。電子版もコンビニで買えます。「図書新聞」2019年9月7日号にはちこ著『中華オタク用語辞典』の書評が掲載されました。文字通りの本ですけども、中華圏のネット用語から日本と…

「鶴鳴」「文藝」2019年冬号「韓国・フェミニズム・日本」『ニグロとして生きる』『壜の中の水』『母の記憶に』『草を結びて環を銜えん』『新・韓国現代史』

文藝 2019年秋季号出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2019/07/05メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る文藝2019年秋号、陣野俊史の中篇「鶴鳴」。2016年オバマ米大統領の広島訪問で贈られた折り鶴をたどり、ケニア系米国人オバマ、アルジェリア系の…

『会いに行って――静流藤娘紀行』『風景のない旅』『外地巡礼』『藤枝静男著作集四巻』『日本浪曼派』 『ナイトランド・クォータリーvol.17』『天安門』『ブラマタリの供物』

笙野頼子『会いに行って――静流藤娘紀行』(第一、二回) 群像 2019年 05 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/04/05メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る群像 2019年 07 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/06/07メディア: 雑…

原佑介『禁じられた郷愁 小林勝の戦後文学と朝鮮』

禁じられた郷愁―小林勝の戦後文学と朝鮮作者: 原佑介出版社/メーカー: 新幹社発売日: 2019/04/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る小林勝(1927-1971)というと、いまは新刊で入手できる本もなく、いくつかのアンソロジーに作品が入っているくらい…

朝鮮、引揚げ、部屋――日野啓三の初期小説四冊

最近日野啓三を読んでいた。日野といえばSFを取り入れたりした八〇年代頃の都市幻想小説がたぶん代表作になるかと思う。『天窓のあるガレージ』『夢の島』『砂丘が動くように』といった作品で、これは私もむかし読んでいたけど、日野は六〇年代読売新聞の外…

『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター』『砲撃のあとで』『戦後短篇小説再発見7 故郷と異郷の幻影』 『パルチザン伝説』「ベンヤミンのメキシコ学――運命的暴力と翻訳」

ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーターPart1 (電撃文庫)作者: 上遠野浩平出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2015/01/10メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る上遠野浩平『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネー…

双子のライオン堂での『骨踊り 向井豊昭小説選』刊行記念イベント

2019/3/8(金)19:30〜『骨踊り 向井豊昭小説選』(幻戯書房)発売記念!座談会その後/ゲスト:岡和田晃・東條慎生・山城むつみ | Peatix 骨踊り作者: 向井豊昭出版社/メーカー: 幻戯書房発売日: 2019/01/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見る岡和…

第39回日本SF大賞・最終候補作を全部読む。

第39回日本SF大賞・最終候補作が決定しました! - SFWJ:日本SF大賞 表題通り、今月末に発表予定のSF大賞の候補作を全部読んだので感想をまとめる。名もなき王国作者: 倉数茂出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2018/08/03メディア: 単行本この商品を含む…

デボラ・フォーゲル『アカシアは花咲く モンタージュ』

アカシアは花咲く―モンタージュ (東欧の想像力)作者: デボラフォーゲル,Debora Vogel,加藤有子出版社/メーカー: 松籟社発売日: 2018/12/28メディア: 単行本この商品を含むブログを見るブルーノ・シュルツ作品の成立にもかかわりながら、ナチスドイツ占領下リ…

川上亜紀『チャイナ・カシミア』

チャイナ・カシミア作者: 川上亜紀出版社/メーカー: 七月堂発売日: 2019/01/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る*1 去年亡くなった詩人でもある作家の作品集。「早稲田文学」掲載の表題作と、同人誌「モーアシビ」掲載作三篇の計四篇を収める。笙…

『「私」をつくる』『日本の同時代小説』『トリストラム・シャンディ』『うどん キツネつきの』『ブギーポップは笑わない』『日本の近代とは何であったか』『戦後史入門』

「私」をつくる――近代小説の試み (岩波新書)作者: 安藤宏出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/11/21メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る安藤宏『「私」をつくる』、近代小説の試み、と副題にあるとおり、二葉亭から牧野信一等の近代小説につ…

2018年に読んでいた本

今年は結構読めたので、ベストの10冊を選ぶのはなかなか難しかった。それぞれの本を扱った記事にリンクしてあるので詳しくはそっちで。 笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』河出書房新社 倉数茂『名もなき王国』ポプラ社 飛浩隆『零號琴』早川書房 伊藤計劃・円…

飛浩隆『零號琴』――物語としての生を描く物語としての

零號琴作者: 飛浩隆出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/10/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る雑誌連載が2010年にスタートして連載完結後もいっこうに出る気配のなかった長篇が、七年近い改稿期間を経てついに今年刊行された。名のみ…

読んだ本・「文学+」 トゥルニエ 飛浩隆 山尾悠子 正宗白鳥 J・G・バラード

「文学+」文学+ 1号 発売中A5サイズ/240ページ定価:1200円(送料・振り込み手数料別)現在は通信販売のみ。お取り扱い頂ける書店様随時募集しております。 pic.twitter.com/thQXxSlzl7— 文学+ (@bungakuplus) October 5, 2018 『文学+』01号 注文フォー…

石川博品『あたらしくうつくしいことば』

あたらしくうつくしいことば作者: 石川博品発売日: 2017/12/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る石川博品のネット公開された中篇をふたつ収録した同人作品集。いずれもウェブ版を既読で当時もTwitterに感想を書いたけれど、昨年本書が刊行されて…

津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』

長篇の前に、同じタイトルを持つ短篇について。 「ジャッカ・ドフニ――夏の家」 群像短篇名作選 1970~1999 (講談社文芸文庫)作者: 三浦哲郎,吉村昭,富岡多惠子,林京子,藤枝静男,小島信夫,大江健三郎,後藤明生,群像編集部出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/…

『名もなき王国』「エヌ氏」『原色の想像力2』『妖精の墓標』『デュラスのいた風景』『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』

名もなき王国 作者: 倉数茂 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2018/08/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 倉数茂『名もなき王国』久しぶりに原稿とかと関係なくただ面白いだけで読める本を読んで、屋外でメチャクチャ体を動かした後にスポー…

イヴォ・アンドリッチ『宰相の象の物語』

宰相の象の物語 (“東欧の想像力”)作者: イヴォアンドリッチ,Ivo Andri´c,栗原成郎出版社/メーカー: 松籟社発売日: 2018/12/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る松籟社〈東欧の想像力〉第十四弾、二年ぶりの新刊は、ユーゴスラヴィアの最初にして最…

2018年と2017年の文藝賞、日上秀之、山野辺太郎、若竹千佐子

日上秀之「はんぷくするもの」 はんぷくするもの 作者: 日上秀之 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今年の文藝賞受賞作。東北震災後の仮設店舗で商店を営業しみなし仮設の家に住む男とその母…

細見和之『ディアスポラを生きる詩人 金時鐘』

ディアスポラを生きる詩人 金時鐘 作者: 細見和之 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/12/07 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (7件) を見る 時鐘は詩作を読んでなくてむしろ入門として読んだ。済州島の四・三事件から…

佐伯昭志『ストライク・ウィッチーズ Memorial Episode いっしょだよ』とプレアデス四話小説版

ストライクウィッチーズMemorial Episode いっしょだよ (角川スニーカー文庫) 作者: 佐伯昭志,島田フミカネ&Projekt Kagonish,島田フミカネ,竹嶋えく 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/07/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 2008年のTVア…

北原みのり編『日本のフェミニズム』、日比嘉高編『図書館情調』

北原みのり編『日本のフェミニズム』 日本のフェミニズム 作者: 北原みのり 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/12/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 百ページちょっとで、表題通り近代以降のフェミニズムの歴史を概説し、廃娼運動…

トーマス・ベルンハルト『原因』

原因―一つの示唆 作者: トーマスベルンハルト,Thomas Bernhard,今井敦 出版社/メーカー: 松籟社 発売日: 2017/12/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ベルンハルトの自伝五部作の第一作*1で、少年時代のギムナジウムや寮での生活を戦争・空襲の…

薄い本を読む

十月はおおむね薄い本を集めて読んでいたのでそれらについてツイッターに書いていた感想をまとめた。だいたい本文200ページ以内かその前後なので、さっと読めるだろう。 *1 爪と目作者: 藤野可織出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/07/26メディア: ハード…

笙野頼子 - ウラミズモ奴隷選挙

ウラミズモ奴隷選挙 作者: 笙野頼子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/10/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『だいにっほん』三部作の前日譚としての前作『ひょうすべの国』のずっと未来を描く最新作。笙野頼子の未来史シリーズの…

笙野頼子 - 猫道

猫道 単身転々小説集 (講談社文芸文庫) 作者: 笙野頼子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 作者の住居あるいは猫にまつわる小説を集めた文庫オリジナル作品集。部屋探しを通じてこの社会に居場…

四月に読んだある程度最近の海外SF

積み本消化強化月間、四月は海外SF。 グレッグ・イーガン『万物理論』 万物理論 (創元SF文庫)作者: グレッグ・イーガン,山岸真出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2004/10/28メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 167回この商品を含むブログ (269件) を見る…

ゴンチャロフ - オブローモフ

オブローモフ〈上〉 (岩波文庫)作者: ゴンチャロフ,米川正夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1976/02/16メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 184回この商品を含むブログ (17件) を見る年始と言うことで十五年ほど積みっ放しにしてきた長篇を読むことにした…

季刊メタポゾン第11号に鶴田知也論を書きました

季刊メタポゾン第11号 特集大西巨人 (2017年冬号)作者: 大西巨人,その他,大西赤人出版社/メーカー: 寿郎社発売日: 2018/01/06メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るちょっと記事にするのを忘れてましたけれども、表記の雑誌に…